熱源 VIDEO BLOG KAIDOU / NETSUGEN SUMMIT

照らすのは・・恋の行方と地域の未来 【秋田県 入道埼灯台】

市川さゆり

市川さゆり

秋田

EAST

秋田県の北部、日本海に突き出た半島。
その名も男鹿半島!

あの、なまはげ文化でも知られる場所です。

ここからの景色が、すっごいんです!!!!

“男鹿”地方の歴史は古く、名前の由来は諸説あるそうなんですが、名前からは力強さも感じますよねー。

そんな男鹿半島には、こんなユニークな景色も・・ガオー!

“ゴジラ岩”として親しまれているそうなんです。

かし…
私がここに立ち寄った理由はゴジラ岩を見るためではありません!
お目当はコレ。

恋する灯台入道埼灯台」!

昔から、日本近海の船のは灯台の灯を目印に航行していました。
今は、ほとんどがGPSで船の位置がわかるそうなんですが、灯台の今役割は今も終わりません。
海と日本プロジェクトでは、全国の灯台の文化的価値を高め、新たな利活用をデザインしようという取り組み尾進めています。
それが、恋する灯台プロジェクト。

「ふたりの未来を見つめる場所」「ロマンスの聖地」として全国の魅力と個性があふれる灯台を認定しています。

男鹿半島の入道埼灯台(にゅうどうざきとうだい)もそのひとつ。

 

白と黒のモノトーンが可愛い…
こんな灯台はじめて見ました!

ロマンスの聖地」を散策していると1組のカップルを発見ー!

船の行き来きではなく、今は、恋の安全をサポートです。

入道崎灯台は誰でものぼることができます。
上からの景色は・・・爽快です!

恋する灯台ガイドマップ 入道崎灯台編

「恋する灯台」プロジェクトは、灯台だけに光をあてているのではありません!
灯台に人が集まることで、灯台の周りの地域も元気にしようとしています。
「恋する灯台」に認定された灯台のあるまちには、こんな素敵なガイドがあります。
ロマンティックなデートには必須ですね!!

入道埼灯台」編のガイドにある素敵なカフェに行ってみました!

 

古民家のような癒しの空間で珈琲が楽しめる「こおひい工房 珈音」

オーナー佐藤さんは、こんな風に話してくださいました。

「幼いころから海を見れば、いつも入道崎灯台は景色の中にありました。
男鹿半島で灯台と共に成長し人生を歩んできたようなものです」

青い海、どこまでも広がる空、そして優しい緑。
そんな中に、静かに立ち続ける灯台、
デジタル時代の今、その価値を、今一度考えてみる時なのかもしれません