熱源 VIDEO BLOG KAIDOU / NETSUGEN SUMMIT

未知の領域へー海の未来を探るスーパーマシーン【福島 いわき編】

市川さゆり

市川さゆり

福島

EAST

舞台は、福島県いわき市の四倉漁港。

姿を見せたのは・・・

海の中をのぞく水中ドローン
かっこいい!!!
キャッチフレーズはもっと簡単に」「もっと詳しく」「もっと自由自在に」!!

詳しい事はさておき、この水中ドローンの映像見てみたくないですか?
こちらをどうぞ!

なんとこの水中ドローン、水深100mまで潜れちゃうんです!

今や地球から2億3,000万キロメートルも離れた火星ですら、地形や地質がおおよそわかっている時代。
なのに、海については、海底の地形まできちんと測量され地形や地質がわかっているのは、たったの15%ほどだといいます。

海底にどんな資源があって、どんな生き物がいるのかを解明することは、海のさらなる活用や長期的な環境保護にもつながります。

そんな中、今、大大大注目なのが、水中ドローン!!
2年前から、一般に普及し始め、測量や水産業などの分野で活用が始まっています。
生物をびっくりさせないで、より安全に水中、海底の調査が行えます。
海底調査だけでなく、養殖の観察など幅広く活躍が期待されています。

『海と日本プロジェクトinふくしま』のイベントでは、子ども達もドローン体験!
自分で操縦して、海の世界を観察します。

市川も、初めての水中ドローン。チャレンジです!

とっても動きがスムーズ!!!!
まるで海の中でワンちゃんをお散歩させているみたいでした。

そんな水中ドローンで、たくさんの海を見ている今回のインストラクター植木さんは、日々、感じていることがあるそうです。

目に見えない海底でもごみ問題は深刻なんですね。

イベントに参加した子ども達も、大切な事に気づいていましたよー。

水族館も良いけど、リアルな海で泳ぐお魚さんや岩にくっついている貝、海藻などをじっくり観察できる水中ドローン。
海の中のリアルな現状を見る機会を増やすという意味で、教育のツールとしてもいいかも!と思いました。